‘ブログ’ カテゴリーのアーカイブ

注意を要する高齢者と基礎疾患

2020年12月28日 月曜日

3月、イギリスで18歳の男性が新型コロナウイルス検査で陽性と診断された後に亡くなった。この男性は深刻な基礎疾患を抱えていたという。またイギリスで21歳の女性が新型コロナウイルスに感染して亡くなったが基礎疾患はなかった。

新型コロナウイルスの感染者の死亡率は高齢者や基礎疾患を抱えている人ほど高いことが分かっている。しかし高齢者でも大半は軽いか中程度の症状しか出ていないという。

一方で若い人でも集中治療が必要になる場合もあるが、80歳以上の高齢者の死亡率は平均の10倍と高く、40代以下ではかなり低い。糖尿病や呼吸器の疾患、高血圧の有無も死亡率にかかわってくる。

27日、立憲民主党の羽田雄一郎参議院幹事長が亡くなったがその後の検査で新型コロナウイルスに感染していたことが確認された。糖尿病の持病があったという。死因が新型コロナウイルス感染によるものかどうかは確認されていない。


マスクの効果

2020年12月28日 月曜日

新型コロナウイルスの感染は世界中に広がり続けている中で、一時急騰したマスクの価格がコロナ前に戻ってきた。

欧米にはマスクを着ける習慣はなく、効果を認めていなかった。かつて欧米でマスクを着けた日本人を見るとその場から離れていき、タクシーは乗車拒否をした。ところが感染が広がりだすと今度は反対にマスクを着けていないと差別的な言葉を浴びせたり暴力を働いたりするようになった。

またこれまでマスクの効果を認めてこなかった世界保健機構(WHO)やアメリカ疾病予防センター(CDC)がマスクの予防効果を認めたため、一転して各国政府は国民にマスクの着用を促すようになった。

新型コロナウイルスの感染があまりにも早く広まったためマスクは不足し価格は急騰した。ある調査によると第1波の感染時の4月、マスク1枚の平均価格は78円だった。一時ネットで1枚150~200円で売られていたこともあった。5月になると価格は次第に改善されてきた。

先日マスク販売の折り込み広告が入っていた。50枚で税込み550円、1枚11円、ほとんどコロナ前の価格に戻ってきた。


神戸大学が県民の抗体保有率を調査

2020年12月19日 土曜日

12月17日、神戸大学が、兵庫県内の病院などから提供を受けた10,337人の血液を用い、国内で最大規模の1万人を対象に6~10月に新型コロナウイルスの「抗体検査」の結果を公表。

感染防止に役立つとされる「中和抗体」の保有率は全体のわずか0.15%にとどまった。ほとんどの人が今後感染の可能性があることが示された。感染者の多い大阪府に隣接する兵庫県の結果から距離の関連性はなく、抗体の保有率に地域差はないことが分かったという。