BAANs理論は治療の現場から考案されました。

BAANs理論


BAANs理論

[Bio Activating Advanced Nutrients]

BAANsに配合された栄養成分「アルギニン」が体脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解します。次いで生成された脂肪酸が細胞内で分解され、このときに発生する燃焼エネルギーがATPをつくり、栄養成分「RNA」に働きかけてタンパク質を合成します。

グリセリンは栄養成分「ω-3(オメガ-3)不飽和脂肪酸」と結びついて再び脂肪に戻さない緻密な設計です。これがBAANs理論です。

「第40回日本成人病(生活習慣病)学会」(小出、他)

高血圧、糖尿病、高脂血症など、生活習慣病の発症や進展には日常の食事や運動、喫煙や飲食のライフスタイルが深く関与します。なかでも現代の食生活はカロリー消費よりも摂取が過剰であり、上記疾病の発症や増悪、および肥満の主因になっています。

今日、肥満、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を改善・予防するために様々なサプリメント、食事療法、運動療法などが盛んに試みられ研究されています。しかし、食事療法による急激なカロリー制限は、中長期的な結果として体重増加の反動を 招きやすく、また、従来のサプリメントの摂取によるダイエットでは、成人に対する必要最低エネルギーを下回る場合もあり、空腹感や倦怠感を感じるばかりで なく、却って健康を害するう恐れがあります。また正しい運動療法や食事療法は毎日継続することが難しく、これらの方法ではなかなかメタボや生活習慣病から脱却できません。

L-アルギニンとω-3不飽和脂肪酸は、体にとって不必要な内臓脂肪などを効果的に分解し、その結果として生じたエネルギーでRNAとアミノ酸からタンパク質を合成 し、細胞や各種臓器を活性化させます。それゆえ、若い時と同じような食生活や生活習慣を続けてもメタボや生活習慣病にはなりにくい身体になるばかりでなく、既に生活習慣病あるいはその予備軍の人でも改善が見られます。さらに、食事制限ダイエットに見られる倦怠感や皮膚のかさつきなどが起こらないばかりか、リバウンドもみられません。

「第40回日本成人病(生活習慣病)学会」(小出、他)

BAANs理論を使った商品の詳しい説明は・・・

コメントは受け付けていません。